スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8年

8年前の今日、2007年3月4日。

我が家は中部国際航空からの飛行機に乗ってタイ王国バンコクへ旅立ちました。

あれから8年。

主人の帰任が決まり、日本に戻ってから、もうすぐ1年。

あっと言う間・・・という日々ばかりではなく、1日1日がとても長く感じる日々もありました。

とくにこの1年  


昨日は、お雛様らしい夕食にしました。





securedownload - コピー

なんちゃってな押しずしと、ハマグリのお吸い物と、白和え。


お雛様はタイへも持っていき、タイでも毎年飾っていました。

屏風に「カビ模様」がついてしまったけれど、それも 良い思い出 (笑)。

hinaningyou - コピー


こうした日本の文化や祭りごとを、その時々の食事とともに気軽に楽しめる・・・日本に住んでいるからなんだよなあ。

四季のある日本に住んでいるから色々旬の食べ物を頂くことができるんだよなーって、最近感じます。
スポンサーサイト

ご挨拶

寒中お見舞い申し上げます。
今年もよろしくお願い致します。

8シーズンぶりの日本でのお正月でしたが、父がいないから寂しくて・・・お正月は封印しました。
※お年玉は封印できず(-_-;)


ですが、大晦日は妹たち家族と集合し総勢11人で御馳走を食べてビンゴ大会!

元旦は軽めのおせちを頂いた後、雪の中を主人の実家(長野県)まで車で移動。

長野は毎日氷点下で寒い寒い(=_=) 
寒いを通り越して、顔や手足が痛いくらい(ToT)

菅平高原で今季2回目のスキーもしました。子供たちはかなり上達しましたよ。特に二女、いつも家族4人の先頭になって滑っていました(笑)。

暴飲暴食暴遊びで終わった年末年始でした~。


さてさて、今年の目標はずばりダイエットです!

私の体重はもちろん、家の中のダイエットもしてスッキリとした住まいに正したいと思います。
いい加減日通の段ボールをなくさなきゃ!!!

パクチー

今日からやっとやっと、2学期が始まります。

子供たちが出かけてからもうずいぶん時間が経ちますが、私は休み気分を引きずっています

TV愛知でやっている「美男ですね」 チャン・グンソクのオリジナル版をつい観てしまいました 苦笑。




話は変わって。。。

夏休みに入る少し前、バンコク時代の友達と、実に5年ぶり(!)に再会、タイ料理ランチに行きました。↓↓↓

DSC_3312.jpg


中区東桜にある、「パクチー」というお店のランチメニュー。



写真の撮り方が悪かった。これでは社員食堂みたいだわ。

味は本格的!




ホールスタッフは、タイが好きなのかな?昔バックパッカーしていてカオサンをうろついていました みたいな雰囲気の日本人の皆さん (笑)。

厨房は、タイ人さん。




お店には、タイのバミー屋さんの看板や、タイで売っているお菓子やジュースもディスプレイされていました。

看板にはタイ文字で、

「クイッティアオ 30バーツ」

※クイッティアオ・・・米麺
※30バーツ・・・約100円

と書いてありましたが、

お店のメニューにあるクイッティアオは750円ほどしていました


日本でクイッティアオが現地価格で食べられるはずがありませんものね。











スコンター

こちらは、5月に行ったタイ料理レストラン、スコンター名駅店。



DSC_3211 - コピー


昨日ラヨーンに一緒に行ったお友達と行った時の画像です。

DSC_3212.jpg


私はカオマンガイのセット、友達はトムカーガイのセット。
ソムタム(青パパイヤのサラダ)単品もオーダーし、シェアしました。


ここはお値段も高くないし味はやや日本人向けな感じがしないでもないけれど、美味しかった♡

厨房はタイ人さん、ホールは日本人スタッフでした。


昨日のラヨーンより、おしゃれだったな(^<^)


ラヨーンにて

昨日のランチです。


10537169_726037400792372_1917801972584171050_n.jpg

私は、グリーンカレーとサラダ、スープ、ライスとタピオカのセット。

800円! 安いです(#^.^#)



10258593_726036957459083_6747150654793886176_n.jpg

友達は、カオソーイとライス、タピオカのセット。

880円! これも安い(^O^)/


お店の名前は、「ラヨーン」。

ラヨーンか・・・


バンコクにある日本食屋さんの名前が、伊勢 とか 博多 とか 浪速 とか、

そんな感じのネーミングだわ。


お店は、中区栄四丁目の、夜のお店が立ち並ぶところにありました。

店内は、ボトルキープがしてあるカウンターとボックス席、テーブル席が。


不思議な雰囲気だけれど、お店を切り盛りするタイ人のオバチャン2人は気さくで、
料理もごく普通の気取らない味でした。


プロフィール

Author:norick
2007年3月~2014年3月までタイバンコクにて駐妻生活を送りました。

タイでの地味な生活、日本に戻ってからの地味な生活を綴っています。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
検索フォーム
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。